夏のメンズファッション*シューズの選び方

女性は足元をよく見ると一般的に言われているように、

夏のメンズファッションでも足元に気を使うのは必須です。

まずは靴を選ぶ前に、きちんと種類を把握しておきましょう。

1.ローテクスニーカー

2.ビーチサンダル

3.ハイテクスニーカー

4.デッキシューズ

5.レザーサンダル

6.エスパドリーユ

7.スリッポン

8.プレーントゥ・シューズ

9.ローファー

10.サドルシューズ

11.タッセルローファー

12.オックスフォードシューズ
一口にメンズの靴と言ってもこれだけ多種多様のアイテムが揃っています。

多様化したメンズファッションのニーズに幅広く答えてくれる環境が整っているわけですね。

夏はこのような軽いシューズが主流となっています。

足元を軽やかに見せるためにクロップドパンツと相性がいいアイテムが多いです。

また見せ方によっては夏にブーツを履くこともオシャレ上級者がやっていますが、

初心者はいたずらに真似すると痛い目をみるので気をつけましょう。

ただ、沢山失敗すればオシャレセンスもアップするので思い切ってやるのもいいかもしれませんね。

ただ、その時に率直な意見を言ってくれる友達は大事です。

自分一人で楽しんでいたり遠慮して誰も意見を言ってくれないといつまでたってもおしゃれセンスは

磨かれません。

なにはともあれ上記の種類から選んで試してみれば大きな失敗は無いはずです。

オシャレには正解は無いと言われていますが、一方明らかにおかしな格好というものも

存在するわけで、その境界線を見極めるのもあながち簡単ではありませんね。

ギリギリを攻めれば攻めるほどその感覚はありますね。余談ですが。

 

夏は時計にこだわる!

夏のメンズファッションでは時計が厚着をしている冬よりも目立ちます。

必然的に全体のコーディネートに占める重要度が大きくなってくるので、

安っぽい時計をつけているだけで周りの評価がマイナスになってしまうので気をつけましょう。

時計はシルバーやレザーバンドは上品に大人っぽく見えたり、ラバー製はワイルドに見えたり

印象が変わってきます。

そして付け方はサイズをしっかり合わせることが重要です。

ラバー製やレザーは隙間なくピッタリと、メタルバンドの場合は指一本入るようにしておきましょう。

これはぴったりに合わせると骨にバンドがあたって痛くなるからです。

時計を選ぶ上でまず知っておきたいのはその種類です。

大きく分けて3つあります。メタルバンド、ラバーバンド、レザーバンドです。

メタルバンドは定番カラーがシルバー、ブラック、ゴールドです。

カジュアル、フォーマル両方で使えて汎用性が高く高級感のあるアイテムも多数あります。

それから、ラバーバンドはカジュアルシーンで主につけられ、軽めで

スポーティーなデザインのものが主流です。

そしてレザーバンドはシャツなどと相性が抜群で黒とブラウンが主流です。

またクラシカルな雰囲気で洗練された印象があり、アナログ、クロノグラフが存在します。

 

 

夏のベストの着こなし

 

メンズファッションでオシャレを語る上で欠かせないアイテムの一つがベストです。

昔はチョッキと呼ばれていましたが、90年代以降はベストという呼び方が

一般的なようです。フランス語ではジレと呼ぶのファッション誌やアパレルショップに

よって呼び方が異なりますが同じものなので混乱しないようにしましょう。

元々はスーツとワイシャツの間につけるフォーマルシーンで使うものでしたが、

カジュアルファッションでも付けられるようになって、

デニム地やコットン地などのものが出てきました。

シンプルで地味になりがちな夏のメンズファッションにアクセントを与えてくれる

重要アイテムです。

着方としてはいつものTシャツの上に羽織るだけです。

その時に、パンツの色と合わせるのがオシャレポイントですね。

例えば、デニムパンツを着ているならデニム地のベストと合わせるとグッドです。

それから注意が必要なのは一番下のボタンを開けることです。

ベストの型崩れを防ぐためにもボタンを開けることが常識になっていますので、

覚えておきましょう。

ベストを付けることでだいぶ大人っぽくなるので、落ち着きや大人っぽさを出したいときに

着てみてはどうでしょうか。いつもと違った気分が味わえるようになると思います。

 

肌寒い夏にはカーディガン

夏といっても四六時中暑いわけではありません。

もちろん夏にも気温の変化はあるので、時には肌寒くなることもあるでしょう。

それから昼間にはカンカンの日照りで暑くても夜になると涼しくなる日もあります。

そんな時にTシャツ一枚だけだと、涼しくなりすぎてしまうものです。

そこで役立つアイテムはカーディガンです。

これ一枚あれば少し寒い夏の夜でも快適に過ごせます。

カーディガンは寒さを防ぐだけではありません。

夏はどうしてもTシャツばかりに頼りがちになるので、コーディネートが

ワンパターンになることがおおいです。

しかしカーディガンで例えば、インナーと補色になるような着こなしをすれば、

コーデに幅が広がることになります。

そういった意味で非常に使い勝手のいいアイテムです。

そして春や秋にも使えるので、シーズンを問わずに着れるコスパの良さもありますね。

カーディガンは元々イギリスの伯爵であるカーディガン伯爵が考えたものが

カジュアルファッションとして世界中に広まりました。

冬用の厚手のものから夏にも着れる薄いものまで様々ありますが、

着こなしは簡単なので持っていない人は是非手に入れておきましょう。

 

服選びの前に髪型は大丈夫か?

夏にカッコイイ服を選んでモテたいと思っていても、たまにいるのですが、

服だけカッコイイのに髪型がオタクっぽいパターンがあります。

これは脱オタ丸出しなので、誰か言ってあげればいいのですが、

いい大人の場合誰も注意してくれなくて、影で笑われたりしています。

なので、服を選ぶ前に髪型をお洒落にしましょう。

それだけ髪型は重要です。

なぜなら、例えばお兄系ファッションをするとして、

髪型がお兄系ならジャージを着ていてもお兄系に見えますが、

髪型が角刈りだと、FUGAやバッファローボブスで決めても野暮ったい人にしか見えません。

それだけ髪型が人に与える印象は強烈です。

髪型で顔の印象もあるていどごまかせたりします。

よく言われる雰囲気イケメンは髪型で顔のつくりの粗い部分を上手にごまかしています。

真性イケメンなんて極わずかなのだから、殆どの人はごまかしが必要になってきます。

最近流行の短髪ですが、あれはイケメン以外はやめておいた方が無難です。

悪羅悪羅系でDQN好きのギャルやキャバ嬢狙いならいいのですが、

おしゃれ七三なんて全くモテないので辞めましょう。メディアに踊らされてはいけません。

あれはモデルやタレントなどのイケメンがやるからいいんです。

顔面がモロに出るので顔の悪さが際立ってしまうので人を選ぶ髪型だと思います。

 

夏に彼女を作るためのメンズファッションとは

この夏彼女がほしい、夏は開放感がある季節なので、恋人と一緒にすごしたい

男性は沢山います。しかし中々狙って彼女を作るのは難しい物があります。

世の中こんなに女性が一杯いるのになんで俺に振り向いてくれないんだろうと、

悲しい気持ちになってしまいがちですが、「モテないんだよ」と嘆く前に、

一番簡単に対策できるファッションをどうにかしましょう。

例えば、顔に関しては女性は化粧である程度誤魔化すことができますが、

男性は整形するしかありません。そして体型は身長以外ダイエットで

変えることは出来ますが、時間と意志力が必要になってきます。

しかしファッションはほんの数万円あれば次の日からガラっと変えることが出来ます。

それなので、この夏絶対モテるようになりたのであればファッションを改善しましょう。

それではどうすればいいのかというと、ターゲットに合わせた服選びが重要です。

ギャルを狙っているのにきれいめ系ファッションをしていては全くウケが悪いです。

ギャルなら今は悪羅悪羅系。そして清楚系を狙うなら、きれいめ系と

相手の系統に合わせたジャンル選定が必要です。

どんなファッションジャンルの女の子でも可愛ければいいという人は、

オールマイティーに対応できるきれいめ系ファッションを選ぶと良いでしょう。

まずはそこからがスタートです。

 

オシャレな夏のアクセサリー

夏のファッションを考える上で、冬以上に注目されるアイテムがネックレス、

指輪、ブレスレットなどのアクセサリーです。

やはりどうしても薄着になってしまうので、アクセサリーが目立ってしまいますね。

高品質のシルバーアクセサリーはカッコイイですが、

値段が高くて手が出ないこともあります。

クロムハーツなどのハイブランドなどかっこ良くて欲しくても中々、庶民には、

ホイホイ変えるものではありませんね。

でも、アクセサリーは薄着であればあるほど、どうしても見られてしまうので、

安物や粗悪品をつけているとダサい感じになってしまいます。

いい服を着ていてもアクセサリー次第で台無しになってしまうこともあります。

夏の場合どちらに優先的に費用を使っていくか考えると、アクセサリーに重きを置くべきです。

服が安くてもクロムハーツのネックレスを着けていれば、全体が底上げされたように

見えてしまいます。

しかし、逆になることはありえません。そう考えると夏のメンズファッションに置ける、

費用配分はある程度アクセサリー優先にした方が効果的だと言えるでしょう。

カッコイイファッションを追求するにはどうしてもお金の問題はついて回ります。

なので手持ちの資金配分は戦略的に行って行きましょう。

 

 

夏のメンズTシャツ選び

 

夏のファッションで一番注目されていると言って過言ではないアイテムは

Tシャツです。これは別名カットソーなんて呼ばれ方をしていますが、

基本的に同じものです。ファッション用語って時々、同じものなのに別の呼び方をして

戸惑うこともあるので惑わされないように気をつけなければいけませんね。

Tシャツにも色々ありますが、冬と違って夏はモロに周りの人に見られるわけなので、

変なデザインのものを選ぶことが出来ません。

敢えておかしなデザインのTシャツを着て個性を強調することもありますが、

リスクが伴いますので、自己責任の範囲でやりましょう。

だからと言ってあまりにも無難なTシャツを選ぶのはおもしろみが無い人だと思われそうです。

だから人にどう見られるかを意識して、自分がぶっ飛んでる人に見られたければ、

ぶっ飛んだデザインのTシャツを選んだり、真面目そうに見られたければ、無地のTシャツを

選んだりニーズに合わせて着こなしを考えると良いでしょう。

ファッションには敢えてこうするというものがあるので、

セオリー通りにはいかないこともありますが、難しく考えすぎずにフィーリングを大切にしましょう。

Tシャツを買う際に考えるのが費用対効果ですね。

自分が満足していれば金に糸目を付けないのか、

金額と満足度のバランスを考えるのか悩みどころですね。

 

暑い夏はショートパンツがいい

夏になると暑くなってきて、出来るだけ薄着をしたくなってきます。

暑すぎるとやる気が無くなって集中力が喪失してしまうので、

服装だけでも涼しげにしたいものです。

女性の場合スカートなので夏も下半身は涼しげですが、

男性の場合ロングパンツが多いので、暑苦しくなりがちです。

しかしショートパンツやクロップドパンツを履けば足元も

涼しげに過ごせます。しかしながら今でも男性がショートパンツを履くことに

抵抗を覚える人も少なくありません。

特に古い考えの人ほど、男がすね毛を見せて足を出すなんて考えられない

なんていう人もいるくらいです。

例えば芸能人でいうとツルツルに脱毛してショートパンツを履いている、

TMレボリューションの西川貴教などいますが、

あそこまでやるには抵抗があっても7分丈のクロップドパンツなら

抵抗なく履けるんじゃないでしょうか。

今までロングパンツ一筋だった人にはオススメできます。

その際、シューズはサンダルを用意するとより涼しげになりますよ。

オシャレなお店に行けば手軽なお値段でカッコイイサンダルが沢山おいてあるので、

ボトムスにあったサンダルを履きましょう。

また、クロップドパンツを買いたくなければ、ロールアップさせるのも良いでしょう。

三回折にしてスネを出す感じにするとオシャレ感が出ると思います。

債務整理ギャンブル